機能
会社情報
JA
ログイン
TableCheck
ログイン
機能
コンタクトレス決済テイクアウト/デリバリ―受付効率的な予約受付リピーターを生む顧客管理直感的な予約管理効果的なドタキャン対策直感的な予約管理活かせるデータ活用
プレスリリース

データ分析ツール「Insight」提供開始

Hero Banner

望月 実香子

Mar 1, 2020 · 読了時間:2 分

データ分析ツール「Insight」提供開始

世界24カ国に飲食店の予約・顧客管理システムの開発・提供等を行う株式会社TableCheck(本社:東京都中央区、代表取締役社長:谷口優、以下、テーブルチェック)は、データ活用によって飲食店経営を最適化するBI*¹ツール「Insight(インサイト)」を2020年3月1日、新たに提供開始いたしましたのでお知らせします。

*1…ビジネスインテリジェンスの略。企業などの組織内にある様々なデータを、収集・蓄積・分析・報告することで、経営上の意思決定にいかす手法や技術のこと

  

データの可視化とAIによる将来予測が「ヒト・モノ・コト・トキ」すべてを最適化する


「Insight」は、飲食店のあらゆる情報を瞬時に可視化・分析し、さらにAIによる将来予測によって、飲食店経営の意思決定を正しく導くデータ分析ツールです。データにもとづいた精密な現状把握と将来予測により、価格や人件費、食材発注量、営業時間、予約数、販促費などの費用対効果をデータで把握したうえで、ヒト・モノ・コト・トキすべてを最適に設定することが可能になります。当社の予約・顧客管理システム「TableSolution」が、ネット予約により現場オペレーションを自動化・最適化してきたのに対して、「Insight」は、「TableSolution」に蓄積されたデータを活用することで経営を自動化・最適化するものです。「Insight」により飲食業界におけるデータ活用が進めば、店舗マネージャーやシェフなど特定の人物の経験と勘に依存した属人的な経営から脱却し、飲食店の経営効率を飛躍的に向上させ、業界全体の利益最大化を図ることが可能になります。飲食店経営を次の時代へと進化させる「Insight」で、「感覚的」から「戦略的」な経営をー。

「Insight」の各機能について

ーダッシュボード・アンケート機能ー
予約チャネル、リピーター、キャンセル率など、あらゆる情報を可視化・分析

予約チャネル比較やリピーター動向、キャンセル分析などあらゆるデータを可視化し、それぞれの費用対効果を把握し、意思決定を正しく導きます。さらに、アンケート機能で顧客満足度調査も自動的に実施可能。

ーAIによる将来予測ー
AIの将来予測が、ヒト・モノ・コト・トキを最適化する

来月の売上・来客数が事前に把握できれば、あらかじめ適切な施策を実施することができ、価格、スタッフィング、仕入れ、営業時間、マーケティングなど、各種コストの最適化を図ることが可能になります。


ーカスタマースコアー
企業を越えて共有するカスタマースコア。ゲスト一人ひとりに合ったおもてなしを

定量・定性的データからカスタマーをスコアリングし、企業を越えて共有するカスタマースコア機能。飲食店がスコアに応じた優待を潜在顧客にも提供することで、優良顧客とさらにマッチングしやすい環境に。※2020年中提供開始予定


ーマーケティングオートメーション/オプティマイゼーションー
カスタマーとレストランを最適マッチング。マーケティングを次の時代へー

不特定多数へ訴求する広告ではなく、カスタマースコアを活用して、自店舗に合ったターゲットだけを抽出。効果的なアプローチが可能になります。飲食店のマーケティングを自動化、最適化する次世代のマーケティングツールです。※2021年以降提供開始予定

開発責任者ジェイソン・ペリー博士のコメント


データ分析と将来予測で飲食店の利益を〝最大化〟

予約システムから抽出したデータを瞬時に可視化し、マシンラーニングが売上や来客数など将来を予測します。私たちの目標は、「Insight」を通じて、予約データや来店客の消費行動パターンを特定し、利益を最大化することで、飲食店の経営効率を飛躍的に向上させることです。

リアルタイムの店舗データと連動。高い精度のAIによる将来予測

当社の予約・顧客管理システム「TableSolution」から抽出したリアルタイムのデータをもとにしているため、非常に精度の高いAI予測が可能です。食事、ウォークイン、キャンセル、売上などをAIが予測し、在庫管理、スタッフィング、プライシング、マーケティングを最適化します。

  

Head of Data Science Jason Perry

「Insight」開発責任者、Head of Data Science ジェイソン・ペリー博士。
スタンフォード大学で経済学博士号を取得後、ボストン連邦準備銀行で金融エコノミストとして従事。日本銀行、Barclays Global Investors Japan Ltd.、BlackRock Japan Co Ltd.などを経て、2018年5月テーブルチェックにHead of Data Scienceとして参画。これまで従事してきたリスク分析、ビジネス戦略、データサイエンスなどの知見をいかして、データとテクノロジーによる飲食業界の革新に取り組む。

【取材に関するお問い合わせ】

株式会社TableCheck  PR担当

〒112-0061 東京都中央区銀座2‐14‐5 第27中央ビル6F(東京本社)
TEL : 03-5565-0112 / FAX : 03-5565-0118 / MAIL:pr-jp@tablecheck.com

Facebook:TableCheck

Insight導入に関するお問い合わせ


TableCheckサポート窓口

MAIL:support@tablesolution.com(営業時間:平日10:30~19:00)

------------------------------------------------------------------------

飲食店の業務効率化を実現するなら「TableCheck」
利用満足度No.1飲食店予約顧客管理システム
https://www.tablecheck.com/ja/join/

※2020年8月11日「TableSolution」は「TableCheck」
に名称変更いたしました。

------------------------------------------------------------------------

WRITTEN BY

時事通信社社会部記者、出版社勤務などを経て、フリーランスPRへ。主に都内のレストランのPRに携わる。 レストランでのイベント企画・運営や、年間100以上のメディア掲載を獲得するなど経験を積む。2019年TableCheckにPRとして参画。美味しいものが世界平和をつくると信じるレストラン大好き食いしん坊。

前へ
日本初18ヵ国語対応「ウェイトリスト」機能リリース

プレスリリース

コロナ禍の無断キャンセル理由、「体調不良」が急増。Go To Eatオンライン予約、キャンセル少ない傾向

望月 実香子

NOV 19, 2020 · 読了時間:3 分

もっと見る

Start using TableCheck today

TableCheckでお店の予約顧客管理に革新を。まずはお気軽にご相談ください。

機能
コンタクトレス決済効率的な予約受付リピーターを生む顧客管理活かせるデータ活用効果的なドタキャン対策
会社情報
お店を予約するサポート
Join us on
Copyright ©2020 TableCheck
利用・会員規約プライバシーポリシー特定商取引法
App Version: v2.4.5