コロナ前比1.9倍に、テーブルチェックの訪日客予約

多言語対応、パートナー連携でインバウンド集客に貢献

TableCheck

TableCheck

2023年5月18日 - 1 min read

コロナ前比1.9倍に、テーブルチェックの訪日客予約

世界中の飲食店と消費者を繋ぐプラットフォームの開発・提供を行う株式会社TableCheck(本社:東京都中央区、代表取締役社長CEO:谷口 優、以下、テーブルチェック)は、国内飲食店の訪日客予約件数データをまとめましたので、お知らせいたします。データはすべて当社の予約システムに集まった国内店舗の予約データを集計したものです。

1

世界最多*18言語対応、海外パートナー連携で インバウンド集客に貢献

テーブルチェックを通じた4月の訪日客の予約件数が、コロナ前の2019年同月比で約1.9倍になっていることが分かりました。日本政府観光局が発表している全体の訪日外客数では、2019年同月比で33.4%減になっていることと比較すると、テーブルチェックを通じた訪日客の予約件数が極めて多いことが分かります。

テーブルチェックの予約システムは、世界最多*の18言語に対応しており、世界中のユーザーが言語・時差の壁なくいつでも即時予約できるため、海外ゲストから高い支持を得ています。さらに世界中の優良顧客をユーザーに抱えるグローバル企業と連携することで、より多くの訪日客を国内の飲食店に送客することができるようになりました。

*2023年5月時点当社調べ

パートナー連携で優良な海外ゲストを送客 「TableCheck Channels」

2
3

テーブルチェックは、より多くの海外ゲストを国内の飲食店に送客するため、コロナ下でグローバル企業との機能連携を進めてきました。Googleマップ上で予約できる「Googleで予約」やインスタグラム/フェイスブック上で予約ができる「席を予約する」機能との連携を皮切りに、トリップアドバイザー、アメリカンエキスプレス、ミシュランガイドといったインバウンド集客力の高いメディアなどと予約機能を連携することで、優良な海外ゲストを送客できる体制を築いてきました。

コロナ前の2019年と2023年の国別予約件数を比較すると、中国人の割合がまだ小さく1/10程度にとどまっていることが分かります(グラフ内赤色)。日本政府観光局が発表している訪日外客数では、韓国、台湾、米国、香港、タイの順に上位5位を占めていますが、飲食店の予約割合では、香港、アメリカ、台湾、韓国、シンガポールの順に高くなっており、特に日本での外食に関心の高い国をみてとることができます。

【本件に関するお問合せ先】

報道関係のみなさまからのお問い合わせ
株式会社TableCheck PR担当:望月宛
E-mail:tc-pr@tablecheck.com

当ウェブサイトでは、ユーザー体験の向上やウェブサイトの解析・改善のためにCookieを使用します。サイトの閲覧を続けた場合、Cookieの使用に同意するものとします。 プライバシーポリシーを見る

お問い合せ

お問い合わせ

こちらのフォームは、TableCheckの導入を新規でご検討されている飲食店様専用です

●導入済みの飲食店様からのお問い合わせsupport-restaurants@tablecheck.com
●TableCheckでご予約をされたお客様からのお問い合わせ:専用ページへ進む→クリック
※ご予約の詳細については、直接お店にお問い合わせください。

お名前*
電話番号*
メールアドレス*
会社名/店舗名*
お問い合わせ内容*
TableCheckを知ったきっかけ*
ウェブサイト
ご要望・ご質問

個人情報の取り扱いに同意する。※個人情報の取り扱いについて、弊社プライバシーポリシーをご確認ください。

*
承りました!
承りました!

お問い合わせありがとうございます。担当者よりご連絡いたしますので、しばらくお待ち下さい。

お問い合せ
お問い合せ

お問い合わせ

こちらのフォームは、TableCheckの導入を新規でご検討されている飲食店様専用です

導入済みの飲食店様からのお問い合わせ:support-restaurants@tablecheck.com
●TableCheckでご予約をされた消費者様からのお問い合わせ:専用ページへ進む→クリック
※ご予約の詳細については、直接お店にお問い合わせください。