機能
会社情報
JA
ログイン
TableCheckブログ

MEO対策とは?具体的な施策やマップで上位表示させるコツを解説

Hero Banner

TableCheck Author

2022年12月20日 · 読了時間:8 分

飲食店の認知度向上と集客に有効なのが、MEO対策です。MEO対策を行うことで、Googleビジネスプロフィールを上位に表示させられます。この記事では、MEO対策の始め方やメリット・デメリット、ポイントなどを解説。飲食店の集客数アップを狙っている方は、ぜひ参考にしてください。

MEO対策とは

MEO(Map Engine Optimization)対策とは、マップエンジン最適化のことです。Googleマップに登録されている店舗を検索した際、上位に表示されるようにする施策を指します。例えば、Googleマップ上で「東京 イタリアン」と検索すると、いくつかの候補が表示されるのを知っている方も多いでしょう。この表示順位を上げることでより多くの人に認知してもらえ、集客につながる可能性が高くなります。

MEO対策を行うとGoogleマップだけではなく、Google検索の結果でも上位に表示されるようになります。Googleで「地域+業種」と調べるローカル検索を行うと、上部に「ローカル検索結果」が表示され、これは指定した地域の施設やスポットを検索したときに表示されるものであり、該当する施設やスポットが3つ表示される仕組みです。

MEO対策は、Googleマップ上とGoogleのローカル検索結果の双方で上位表示となって集客効果が見込めるため、飲食店の集客マーケティングにおける重要な施策の1つといえます。

MEO対策の特徴

MEO対策の特徴は、以下の3つです。

  • 実店舗を持つすべての業態で対策できる

  • 集客したいエリアのユーザーに向けた対策ができる

  • コストを抑えて対策できる

MEO対策は、実店舗を持っていてGoogleビジネスプロフィールに登録していれば、エリアや業態を問わず実施できます。

また、集客したいエリアのユーザーに向けた対策が可能なのも特徴です。Googleのローカル検索では同じキーワードで検索しても、地域や場所によって異なる検索結果が表示されます。例えば、同じ「近くのカフェ」で検索した場合、検索する地域が異なれば表示される施設も変わります。これは、Googleが検索結果を表示する際に、店舗のビジネス情報やユーザーの位置情報などのデータを使用しているためです。

MEO対策ではこのアルゴリズムを利用し、集客したいエリアのユーザーが検索したときに上位表示されるような対策をとれます。

さらに、コストを抑えて対策できるのも大きな特徴です。MEO対策のために必要なGoogleビジネスプロフィールは、無料で登録できます。ノウハウさえあれば、低コストで高い集客効果を見込めます。

SEO対策とMEO対策の違い

MEO対策と同様に、重要なウェブマーケティング施策の1つがSEO対策です。どちらも検索結果を上位に表示させるという点では同じですが、以下の3点において違いがあります。

  • 検索方法・対策方法

  • 費用

  • 効果が出るまでの期間

MEO対策では、マップ検索における検索結果を最適化します。一方、SEO対策が対象とするのは、検索エンジンを利用したオーガニック検索です。キーワードを検索した際に、ウェブサイトが上位表示されるような工夫を行います。つまり、MEO対策はマップ上でGoogleビジネスプロフィールを上位表示させる施策、SEO対策はウェブサイトを検索結果の中で上位表示させる施策、という違いがあります。

また、費用にも違いがあります。前述のとおり、MEO対策はノウハウさえあれば無料でできるもので、比較的簡単であるため代行業者に依頼せずに実施できることも多いです。一方のSEO対策では、ウェブサイトの更新や運用にかかるコストのほか、さまざまな専門スキルが求められます。そのため業者に依頼する場合が多く、費用相場は月々10万円以上とかなりのコストがかかります。

さらに、効果が出るまでの期間も異なります。MEO対策では、1週間程度で効果が出ることも多いです。一方、SEO対策で効果が出るためには数ヶ月以上かかります。

MEO対策のメリット

MEO対策のメリットは、以下のとおりです。

  • ターゲット層や来店意思の高いユーザーに情報を届けやすい

  • ユーザーが必要な情報を網羅的に表示させられる

  • 他のWeb対策よりも競合が少ないため難易度が下がる

  • 誰でも無料で始められる

  • 難易度が低いため挑戦しやすい

ここでは、集客のために行うMEO対策のメリットについて解説します。

ターゲット層や来店意思の高いユーザーに情報を届けやすい

MEO対策を行うことで、来店してほしいターゲット層や、来店の可能性が高いユーザーに情報を届けて宣伝できます。例えば「渋谷 カフェ Wi-Fi」と検索するユーザーは、渋谷でWi-Fiが使えるカフェを探しており、条件を満たす店舗があれば今すぐそこに向かいたいと考えている可能性が高いでしょう。

検索結果に自社の店舗が表示されれば、来店してくれる可能性が大いにあります。MEO対策は、ユーザーの検索意図が明確に分かるキーワードで対策ができる点が大きなメリットです。

ユーザーが必要な情報を網羅的に表示させられる

Googleビジネスプロフィールには、店舗の住所や営業時間、定休日、口コミなど、ユーザーが来店前に知りたい情報を掲載できます。店舗やメニューの写真なども表示できるため、ユーザーが必要とする情報を網羅的に表示させられます。

また、公式サイトのURLや予約フォームを表示できるほか、電話発信や経路検索のボタンなど、顧客が来店するうえで便利な機能も搭載されており、顧客にとってアクションしやすいのがメリットといえるでしょう。「来店したい」と思ったユーザーがすぐに行動に移せるため、集客率アップが期待できます。

テーブルチェックの予約システムは、Googleマップと連携しており、Googleビジネスプロフィール上に「席を予約する」ボタンを設置することも可能です。

Googleマップからの予約流入はテーブルチェックなどオウンドメディアとして予約受付ができるページと連携させておけば、送客手数料をかけずに予約の獲得ができるのでおすすめです。

他のウェブ対策よりも競合が少ないため難易度が下がる

MEO対策は、ほかのマーケティング施策よりも競合が少ないため、対策の難易度が低いというメリットがあります。例えばSEO対策では、無数に存在するサイトの中から上位を掴むことが必要です。そのため、定期的な記事作成やキーワードの調査、サイト運営などの取り組みが求められます。

一方のMEO対策における競合は、近隣エリアの同業種です。競合が少ないため、対策の難易度が下がります。競合が少ない状態から始められるのは、MEO対策の大きなメリットです。

誰でも無料で始められる

MEO対策は、誰でも無料で始められるのがメリットです。Googleビジネスプロフィールは無料で登録できるうえ、基本的な機能も無料で使用できます。

また、専門業者にMEO対策を依頼するとしても、ほかのウェブマーケティング施策を依頼する場合よりも費用相場が安価です。SEO対策は月額10~30万円程度、リスティング広告は月額20~50万円程度であるのに対し、MEO対策は月額3〜5万円程度で依頼できます。

このように、費用負担を抑えて対策できるため、集客にあまりお金をかけられない場合でも取り組みやすいのが魅力です。

難易度が低いため挑戦しやすい

MEO対策は、SEOやリスティング広告などのウェブマーケティング施策に比べると、難易度が低く挑戦しやすいです。Googleビジネスプロフィールに登録するだけで始められ、キーワードの設定や必要事項の記入ができれば、自身で挑戦できます。身につけるべき専門知識やスキルは特になく、リテラシーが低い方でも始めやすいのがメリットです。

最近では、MEO対策のノウハウについて解説したウェブサイトが多く存在します。そうしたサイトを参考に独学するだけで、十分効果的なMEO対策を行える可能性が高いのです。

MEO対策のデメリット

一方、MEO対策には以下のようなデメリットがあります。

  • 風評被害を受ける可能性がある

  • 実店舗を持たないビジネスは効果を得にくい

  • 最低でも1〜3ヶ月程度は継続する必要がある

特に、ユーザーからの悪い口コミや誹謗中傷を受け、逆効果になるリスクがある点には注意しましょう。また、実店舗を持つビジネスならば業態を問わずに活用できる一方、実店舗を持たないビジネスには向きません。さらに、MEO対策を始めてすぐに効果が出るわけではないため、ある程度の継続が必要です。

以下では、MEO対策のデメリットについて詳しく解説します。

風評被害を受ける可能性がある

Googleビジネスプロフィールには、ユーザーからの忖度のない口コミが集まります。たとえネガティブな口コミがあったとしても、ビジネス側では削除できません。特に、認知度がアップして来店者数が増えれば増えるほど、悪い口コミを寄せられる確率も高まります。場合によっては誹謗中傷に近い口コミが寄せられることもあり、さらには炎上してしまうリスクもあるのです。

しかし、悪い口コミへの対応次第では、ユーザーからの信頼を得られることもあります。顧客満足度の高いサービス提供を心がけるのはもちろん、口コミを随時チェックし、返信コメントを投稿するなど誠心誠意対応することが重要です。

実店舗を持たないビジネスは効果を得にくい

MEO対策は、マップ検索における検索結果を最適化するという性質上、実店舗を持たないビジネスには不向きです。通信販売やオウンドメディア運営などのビジネスでは、効果を得にくいというデメリットがあります。このようなビジネスモデルの場合は、MEO対策ではなくSEO対策を行いましょう。

一方、客が来店してビジネスが成り立つ飲食店や美容院、歯科医院やジムなど、実店舗型ビジネスの場合は業種・業態を問わずに活用できます。

最低でも1〜3ヶ月程度は継続する必要がある

MEO対策は、SEO対策に比べると早く効果が出やすい施策です。しかし、Googleマイビジネスに登録したからといって、すぐに効果が出るわけではありません。最低でも1〜3ヶ月はかかると理解しておきましょう。

Googleマイビジネスに登録し、写真や投稿、口コミの管理などを着実に行うことで、徐々に順位が上がっていきます。効果を感じられるまである程度の時間がかかりますが、途中でやめることなく、対策を継続させることが大切です。

無料でできるMEO対策の始め方

MEO対策にはさまざまな方法があります。まずは、MEO対策の基本である無料でできるステップについて理解しましょう。

  • Googleビジネスプロフィールに登録する

  • 対策をしたいキーワードを設定する

  • 店舗情報を充実させる

特に、MEO対策においてGoogleビジネスプロフィールの登録は必須です。前述のとおり登録は無料で、比較的簡単に行えます。

ここでは、MEO対策の基本的な始め方について解説します。

1.Googleビジネスプロフィールに登録する

MEO対策を行うために、まずはGoogleビジネスプロフィールに登録しましょう。Googleビジネスプロフィールは、Googleマップ上に店舗の情報や写真などを表示させるサービスです。店舗情報の管理のほか、写真つきの投稿、口コミ管理ができます。これに登録しないと、MEO対策を行えません。

登録の手順は以下のとおりです。

  • Googleアカウントを取得する

  • Googleビジネスプロフィールアカウントを作成する

  • 本人確認コードを取得し、オーナー確認を完了させる

Googleビジネスプロフィールアカウントを作成する際は、ビジネス名や業種、店舗の住所、電話番号、Webサイトの登録、Googleマップ上での位置選択などが必要です。画面に従って必要事項を入力するだけで済むため、比較的簡単に登録できます。

オーナー確認には、Googleから届く確認用ハガキや電話、メール、 Google Search Consoleなどの方法から選択可能です。本人確認コードを入手し、Googleビジネスプロフィールに入力すれば登録が完了します。

Googleマップを使った集客効果とは?上位表示の具体的な施策も解説

2. 対策をしたいキーワードを設定する

MEO対策におけるキーワードとは、ユーザーが検索する際に使用する言葉のことです。例えば、東京駅付近でWi-Fiが利用できるカフェを探しているユーザーは、「東京駅 カフェ Wi-Fi」のように検索します。この検索語句が、MEO対策におけるキーワードです。

Googleビジネスプロフィール内に「東京駅」「カフェ」「Wi-Fi」のキーワードがあれば、検索結果に表示されます。キーワードがより多く含まれていれば、それだけ上位に表示されやすくなるのです。

まずは、キーワードを設定することから始めましょう。キーワードは、エリアや業態、カテゴリーに関するもの、あるいはお店の特徴(Wi-Fiやコンセント、24時間営業など)などから選びます。

検索ボリュームも重要なポイントです。検索ボリュームが多いキーワードは、検索される可能性が高い一方、競合が多いため上位表示が難しいという難点があります。検索ボリュームが少ないキーワードは競合が少ないため、その分上位表示を狙いやすいです。

キーワードを設定したならば、Googleビジネスプロフィール上にキーワードを入れましょう。ビジネス情報を記載する欄やメニュー、投稿になるべく多く含めるようにします。口コミを書いてもらう際に、特定のキーワードを含めるように依頼するのも1つの手です。このとき、実態とは異なるキーワードを入れないように注意しましょう。

3. 店舗情報を充実させる

Googleビジネスプロフィールに掲載する情報を充実させることで、検索キーワードと内容が一致しやすくなります。店舗の住所や電話番号、業態、予約URLといった基本的な情報だけではなく、営業時間や定休日、商品やサービスのメニューなどの情報も掲載しましょう。また、ロゴや店舗の外観と内観がわかる写真、商品やメニューの写真、キャンペーン情報なども設定すると有効です。

MEO対策の具体的な施策・やり方

MEO対策では、Googleからの評価を上げることが重要です。以下のような対策を行いましょう。

  • NAP情報を正確に揃える

  • Googleビジネスプロフィールと自社サイトを関連付ける

  • 最新情報や写真などを積極的に投稿する

  • 口コミを増やす施策を行う

  • SNSなどでサイテーションを集める

  • インドアビューを設定する

ここでは、MEO対策で行うべき具体的な対策について解説します。

施策1. NAP情報を正確に揃える

NAP情報とは、ビジネス情報における以下の3つの要素のことです。

  • Name(会社名・店舗名)

  • Address(会社・店舗の住所)

  • Phone(会社・店舗の電話番号)

GoogleビジネスプロフィールにNAP情報を記載する際は、公式サイトやSNSなどに記載している情報と統一させましょう。

Googleの評価基準の1つに「知名度」があります。知名度を判断する基準は、「インターネット上でそのビジネスのNAP情報がどれだけ取り上げられているか」です。NAP情報が統一されていないと別のビジネスであるとみなされ、知名度が低いと判断されてしまいます。

特に、住所は表記ゆれが起こりやすいため、注意が必要です。番地に漢数字とアラビア数字のどちらを使うのか、ビル名を記載するか否かなど、細かいところまで表記統一を徹底しましょう。

施策2.Googleビジネスプロフィールと自社サイトを関連付ける

Googleビジネスプロフィールでは、自社サイトと関連づけられます。自社サイトと関連づけることで、Googleビジネスプロフィールへのアクセス数が増加するため、上位表示される可能性が高くなるのです。

関連づけには、Googleビジネスプロフィールに自社サイトのURLを記載する方法と、自社サイトにGoogleビジネスプロフィールの情報を挿入する方法があります。サイトにGoogleビジネスプロフィールの地図情報と、Googleマップの共有リンクを挿入するとマップを表示できるのです。

自社サイトと関連づける際は、自社サイトのSEO対策も行いましょう。自社サイトが上位に表示されていれば、その分Googleビジネスプロフィールの表示順位も上がりやすいです。

施策3.最新情報や写真などを積極的に投稿する

Googleビジネスプロフィールには、投稿機能があります。新メニューやキャンペーン、イベント情報など、最新情報を投稿して宣伝に活用しましょう。投稿にはテキストだけではなく、写真も使用することでより効果的に発信できます。

商品やサービスの写真のほか、クーポンコードを記載した画像を作成し、「お会計時に画面を提示すると〇〇%オフ」のような投稿をするのもおすすめです。

最新情報や写真の投稿は、ユーザーに宣伝できるだけではなく、Googleマップで上位表示されやすくなるというメリットもあります。リアルタイムで最新情報を掲載することで、Googleから「新しい情報を更新し続けるコンテンツ」と高く評価してもらえるのです。最低でも週2回程度、こまめに投稿を行いましょう。

施策4.口コミを増やす施策を行う

口コミは、Googleが知名度を判断する際に重要な要素です。口コミの数が多かったり、口コミの評価が高かったりすれば、それだけ知名度が高いと判断され、上位表示されやすくなります。そのため、口コミを増やす対策が重要なのです。

お会計の際に口コミを投稿するように依頼する、見えるところに口コミ投稿依頼のポップを設置する、などの対策が考えられます。ただし「口コミを投稿した方は500円オフ」、「口コミを投稿した方には〇〇をプレゼント」のように、特典を用意することはGoogleポリシーに対する違反です。違反が見つかると、ペナルティの対象となるため注意しましょう。

また、単に口コミの数が多ければよいというわけではありません。どのメニューを食べたか、どのような点が評価できるかなど、次の来店者の参考になるような、質の高い口コミを投稿してもらいましょう。

施策5.SNSなどでサイテーションを集める

サイテーションとは「言及、引用、例証」のことで、MEO対策においては別のコンテンツで会社名や店舗名、住所、電話番号などの自社の情報について言及してもらうことを指します。

自社の情報をSNSやWebサイトなどのコンテンツで言及してもらうことで、信頼性があるとみなされ、上位表示される可能性が高まるでしょう。また、自社のビジネス情報がWebコンテンツに掲載されることでGoogleから視認性が高いとみなされ、ローカル検索における上位表示が期待できるのです。

サイテーションは、MEO対策において必要であるとGoogleが公言しているわけではありませんが、有効な対策として考えられています。

施策6.インドアビューを設定する

インドアビューとは、店内を360度のパノラマ写真で撮影し、Googleマップ・Googleビジネスプロフィールに掲載できる、ストリートビューの屋内版のようなサービスです。インドアビューを設定することで、店舗に行かなくても店内の様子を確認できます。

来店前の不安を取り除けるほか、魅力的に見せられれば来店意欲を高めることに役立ち、コンバージョンアップのためには重要な要素です。自社サイトにも埋め込んで使用できます。

MEO対策で上位表示させるための4つのポイント

MEO対策で上位表示させるためのポイントは以下のとおりです。

  • Googleのガイドラインを遵守する

  • 口コミ確認と返信をこまめに行いユーザー満足度を高める

  • インターネット上のほかの媒体で掲載を増やす

  • 順位チェックツールを活用して効率的に対策を進める

ここでは、MEO対策でおさえておくべきポイントについて解説します。

1.Googleのガイドラインを遵守する

MEO対策において大前提となるのは、Googleのガイドラインを遵守することです。ガイドラインに違反すると、アカウント停止といったペナルティを課せられるため、必ずガイドラインを確認してからMEO対策を講じましょう。具体的には、以下のような事項が定められています。

  • 実際のビジネスで一貫して使用し、認知されているブランド名を使用する

  • 店舗住所やサービス提供地域を詳細かつ正確に記載する

  • ビジネス プロフィールはビジネスにつき 1つのみ作成する

MEO対策を専門業者に依頼する際は、Googleのガイドラインに則った施策を講じてくれるかどうかを確認しましょう。例えば、「口コミを業者が投稿する」というサービスはガイドライン違反です。ガイドラインを遵守して運用してくれる業者を選んでください。

参考:Googleビジネスプロフィール ヘルプ「Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン」

2.口コミ確認と返信をこまめに行いユーザー満足度を高める

口コミはこまめに確認し、返信することが大切です。多くの口コミが寄せられるようになると、ポジティブなものだけではなく、ネガティブな内容が寄せられる場合もあります。口コミをこまめに確認し、そこで寄せられた意見を今後の店舗運営に活かすことが重要です。

クレームや誹謗中傷に近い口コミが寄せられる可能性もゼロではありません。店舗の風評被害につながる口コミにいち早く気づき、適切な対応を取りましょう。

また、店舗側から口コミに返信することで顧客対応の細やかさが伝わり、信頼度が高まります。ネガティブな口コミにも返信し、誠実な姿勢を見せることが重要です。その際は、言い訳や責任転嫁で相手を不快にさせないように注意しましょう。

3.インターネット上のほかの媒体で掲載を増やす

前述のとおり、Googleで評価を上げるためには「視認性の高さ」が重要です。店舗や会社に関する情報をほかのウェブサイトやSNSなどに掲載してもらうことで、Googleから視認性が高いと評価されます。上位表示のためには、さまざまな媒体にビジネス情報を掲載してもらえるような取り組みが重要です。

ただし、ビジネス情報の表記を統一しないと、別のビジネスとみなされてしまう可能性があります。Googleビジネスプロフィールや自社サイト上の表記とずれがないように注意しましょう。

4.順位チェックツールを活用して効率的に対策を進める

MEO対策で成果を出すためには、日ごろの効果測定が重要です。定期的に順位をチェックし、対策が有効であるかどうかを分析しましょう。例えば、対策を講じたあとに順位が低下した場合、その対策が適切ではないと判断でき、さらなる対策を講じるべきです。

順位はローカル検索でも確認できますが、効率的なチェックには順位チェックツールを活用しましょう。順位チェックツールの中には、無料で利用できるものもあります。効率よく順位を確認し、対策の効果測定と改善に活用しましょう。

MEO対策業者のサービス内容と費用相場

MEO対策は、Googleビジネスプロフィールに登録すれば、自分でも始められます。しかし、プロのアドバイスを受けてより高い効果を出したい、MEO対策にかける時間や手間を減らしたいという場合には、専門の対策業者に依頼するのがおすすめです。

ここでは、MEO対策業者の基本的なサービス内容と、業者に依頼する場合の費用相場について解説します。

MEO対策業者の基本的なサービス内容

MEO対策業者には、以下のような内容を依頼できます。

  • Googleマイビジネスのアカウント取得と基本情報の入力

  • 対策キーワードの設定:業種やエリア、ニーズなどから、適切な対策キーワードを設定

  • 投稿代行:Googleマイビジネスへの定期的な投稿

  • 画像や映像の制作:Googleマイビジネスに掲載する画像や映像の制作と撮影

  • 他サイトやSNSでの引用:Googleからの評価アップと上位表示を狙うための引用

  • 効果測定と分析:MEO対策の効果を測定し、達成率や今後の課題などを分析

  • 改善策の提案:クライアントに分析結果を共有し、改善策を提案

  • 競合調査:MEO対策に活かすため、評価の高い競合他社を分析

  • インバウンド対策:Googleマイビジネスの情報や口コミなどの翻訳、外国人旅行客向けの投稿など

このように、MEO対策業者はさまざまなサービスを提供しています。中には自分でできるものもあるため、費用対効果の高いMEO対策を講じるためには、外注すべき内容を吟味して必要なサービスのみを依頼しましょう。

対策業者に依頼する場合の費用

MEO対策業者に依頼する場合の費用相場は、月額2〜5万円程度です。報酬体系には、成果報酬型と月額固定型があります。6〜12ヶ月程度の最低契約期間が設けられている場合も多いようです。

費用は契約期間や初期費用、対策するキーワード数などによって変動します。特に、対策するキーワード数が重要です。キーワードは4つ程度が一般的ですが、それ以上のキーワード数で上位表示を狙う場合もあります。

効果的なMEO対策を行い確度の高いユーザーを集めよう

今回は、飲食店の認知度向上と集客に役立つMEO対策について解説しました。MEO対策は、Googleビジネスプロフィールに登録すれば誰でも始められます。レストランやカフェなど、実店舗型ビジネスでは非常に有効な施策です。MEO対策の効果を上げるためには、当記事で紹介したポイントをおさえ、確度の高いユーザーを集められるようにしましょう。

飲食店の円滑な運営のためには、予約管理の効率化も重要です。予約管理を効率化できる予約顧客管理システムに興味がある方は、ぜひお問い合わせください。

WRITTEN BY

TableCheck Author

---

前へ
​​飲食店の無断キャンセル防止策を解説。無断キャンセル激減事例も紹介

TableCheckブログ

【週次更新】コロナ禍における飲食店の来店・予約件数推移 ※2023124日更新

TableCheck Author

2023年1月24日 · 読了時間:2 分

もっと見る

START USING TABLECHECK TODAY

TableCheckでお店の予約顧客管理に革新を。まずはお気軽にご相談ください。

機能
コンタクトレス決済効率的な予約受付リピーターを生む顧客管理活かせるデータ活用効果的なドタキャン対策
会社情報
お店を予約するサポート
.
Copyright ©2020 TableCheck
利用・会員規約プライバシーポリシー特定商取引法
App Version: v2.10.0